フリートラブル

フリートラブル

肝機能低下改善の方法6選~誰も教えてくれない○○とは?

肝機能低下改善の方法6選~誰も教えてくれない○○とは?

肝機能低下を改善したい!

肝機能低下の改善のためには、何をすれば良いでしょうか?

肝臓の働きは多岐に渡るため、肝機能が低下すると、体全体の機能が低下します。

身体がだるい、疲れがとれにくい、お酒が弱くなったという実感をもっているのであれば、肝機能が原因かもしれません。

今回は、肝機能低下を改善する方法を深堀っていきたいと思います。

肝機能低下の原因とは?

肝機能が低下する原因は、3つあります。

  1. ウイルスに侵されている
  2. 脂肪が溜まっている
  3. 肝臓に強い負担がかかっている

上記3つの理由のうち、「1. ウイルスに侵されている」に当てはまる場合には医師による治療が必要です。

日本では、C型肝炎やB型肝炎が有名で、放置すると大変危険です。

そのため、本記事では「2. 脂肪が溜まっている」、「3. 肝臓に強い負担がかかっている」の2つを改善する方法を中心に話を進めていきます。

つまり、肝臓から脂肪を少なくするための方法や、肝臓の負担を和らげる方法について紹介していきます。

肝機能低下改善の3本柱

肝機能低下改善の方法を、下記3本柱で紹介します。

  • 食生活の見直し
  • 運動習慣の見直し
  • その他生活習慣の見直し

食生活の見直し

食生活の見直しから紹介していきます。

肝細胞の材料を摂取する(肝機能低下改善方法 1)

ダメージを受けた肝細胞を修復するためには当然、材料が必要です。

肝細胞は、たんぱく質から作られるので「肉や魚」、「豆類」をバランスよく摂ることが大事です。

また、肝臓の働きを助ける「筋肉」もタンパク質の材料となりますので、一層欠かせません。

肝臓の代謝を助ける栄養素を摂取する(肝機能低下改善方法 2)

ビタミンと、カリウムなどのミネラルは、肝臓で栄養素の代謝を円にします。

アルコールを控える(肝機能低下改善方法 3)

アルコールを飲みすぎる生活を長年続けると、肝臓に脂肪が溜まってきます。

肝機能の働きが正常に戻るまでは、禁酒・節酒が不可欠です。

中性脂肪を溜めない(肝機能低下改善方法 4)

アルコールだけではなく、中性脂肪を溜めこむ食事は極力避けましょう。

たっぷりの野菜から食べ始めるということを徹底するだけでも、カラダつきは変わってきます。

運動習慣の見直し

運動習慣の見直しについて紹介します。

筋肉をつける(肝機能低下改善方法 5)

筋肉は、「第2の肝臓」と呼ばれていることをご存知でしょうか。

筋肉が第二の肝臓といわれる所以は、2つの働きによります。

  1. アンモニアの分解
  2. グリコーゲンの貯蔵
アンモニアの分解

アンモニアは、たんぱく質が分解されてできる老廃物です。

アンモニアは、肝臓だけでなく、筋肉でも分解されて、尿素となって尿中に排泄されます。

つまり、アンモニアを無毒化する働きを筋肉も担っているのです。

グリコーゲンの貯蔵

身体が動くためのエネルギー源は、肝臓や筋肉に貯蔵されたグリコーゲンを分解したブドウ糖です。

つまり、肝臓が担っているエネルギー代謝の役割を、筋肉が助けているというわけです。

 

脂肪肝がある人は、日ごろから運動不足の人が少なくありません。

そのため、脂肪は肝臓だけではなく筋肉にもたまってしまうのです。

筋肉が衰えると、アンモニアの無毒化やエネルギー代謝などの肝臓を助ける役割が低下し、肝臓だけに負担を強いることになります。

したがって、肝臓の機能低下を感じたら、適度な運動で筋力をつけることをお勧めします。

その他生活習慣の見直し

肝臓の機能低下改善には、食生活や運動習慣の見直しが効果的ですが、それだけではありません。

便秘改善(肝機能低下改善方法 6)

便秘があると、大腸菌がつくるアンモニアが肝臓にたまり、負荷がかかります。

そのため、食物繊維を豊富にとるなどして、便秘解消に努めましょう。

まとめ

肝臓の数値が高くなると、体の衰えを実感することになってしまいます。(体験談)

肝臓の働きは、健康な生活には欠かせないものの一つですので、数値の以上に気づいたら早めに対策しましょう。

なお、肝臓の働きや肝機能数値の目標値については以下の記事にまとめています。

Return Top