フリートラブル

フリートラブル

遺言書を書けと脅迫?よろしい!相続欠格だから相続させないよ!

遺言書を書けと脅迫?よろしい!相続欠格だから相続させないよ!

あなたに子供がいれば「推定相続人」と認定されます。

ここで「推定」の二文字がついていることに疑問を持つのではないでしょうか。

実は、存命の相続人であっても相続する権利が剥奪されることがあります。

完全に相続人としての権利が剥奪されてしまうケースは以下の2つです。

  1. 「相続人の欠格」の場合
  2. 「相続人の廃除」の場合

上記2つのうち、本記事では「1 相続人の欠格」について解説していきます。

なお、相続人に廃除については以下の記事を参照して下さい。

相続人の欠格・廃除について知っておくことで、以下いずれかのメリットがあると思います。

  • 相続させたい相続人に財産を残せない状況を防ぐ
  • 相続させたくない相続人に財産を残さない手立てを打つ

上記2つに興味がある方は、このままお読みください。


Sponsored Links

相続人の欠格について

今回は、相続人の欠格について以下の観点で順に解説していきます。

  1. 相続欠格となる条件(相続欠格事由)
  2. 相続廃除との違い
  3. 相続欠格の手続き
  4. 相続欠格の代襲

相続欠格となる条件(相続欠格事由)(A)

相続欠格となる条件は、民法891条で以下のように規定されています。

  1. 故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位にある者を死亡するに至らせ、または至らせようとしたために刑に処せられた者
  2. 被相続人が殺害されたことを知りながら、これを告発せず、または告訴しなかった者
  3. 詐欺または強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、またはその取り消し・変更をすることを妨げた者
  4. 詐欺または脅迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、またはその取り消し・変更をさせた者またはその取り消し・変更をさせた者
  5. 相続に関する被相続人の遺言書を偽造、変造、破棄または隠匿した者

さて、文字だけをみてもピンとこないかもしれないので、補足していきます。

相続欠格は実社会とは縁遠いと感じるかもしれません。

しかし、ドラマの現場では度々用いられているテーマですので、
人によっては「ああ、あのことね」と思い出してくれるかもしれません。

死亡させたりすればNG(A-1)

被相続人を死亡させたり、自分の相続財産を増やそうと他の相続人を亡き者にしようとすれば、相続の欠格とされます。

もしも上記に該当するのであれば、刑事事件に発展しているでしょうから、立証することは難しくないでしょう。

共犯者もNG(A-2)

被相続人が殺害されたことを知りながら、それを黙っていれば相続欠格になります。

実は、これは人気アイドルの「嵐」のメンバー松本潤さんや、歌舞伎俳優の香川照之、
人気女優の榮倉奈々さんが出演した日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」でも取り上げられました。
(2016年4月17日から6月19日)

ドラマでは、被相続人である家の主を殺害してしまった息子の妻を弁護する様子が描かれていました。
この妻は、主犯である夫やその兄弟の代わりに罪を被り出頭したのです。

視聴者の多くは、夫とその兄弟の罪を被っている殊勲な妻だと思って視聴していたと思います。
しかし、真の狙いは別にあったのです。

その真の狙いは、自分のお腹の中にいる子供(被相続人からすると孫)に相続財産を集中させることでした。

つまり他の兄弟は、夫が被相続人を殺害したことを知っていたにも関わらず、それを密告しなかったのです。
しかし、一連の流れは全て妻が仕組んだものだったことが、ドラマでは明らかになっていきます。

民法の定めによれば、自分の夫やその兄弟は全員相続欠格となり、相続する権利を失います。

「財産を自分のお腹の中の子供に独り占めさせるために、ここまでやるのか?」と寒い思いをした人も多かったと思います。

親を脅迫して遺言を書かせるのはNG(A-3,A-4)

親を脅迫して遺言を書かせるのはNGだということです。

近年は、相続トラブルが増加しているため、息子・娘たちが親に遺言書を残すように強要する例もあるようです。

しかし、一歩間違えれば脅迫になる恐れもありますので注意が必要です。

遺言書を残すことは、あくまでも被相続人の自由だとういことは覚えておきましょう。

遺言書を偽造、変造、破棄または隠匿はNG(A-5)

遺言書を偽造、変造、破棄、隠匿することはNGです。

つまり、被相続人の死後、発見した遺言書を勝手に開けて内容を変更したり、
破棄したり、隠してしまえば、その時点で相続の欠格となります。

また、金田一耕助ファイル「犬神家の一族」の小説の中でも、
自分に都合の悪い遺言書を飲み込む人物が描写されていました。

遺言書を飲み込んだ本人は、「遺言書はなくなったから、自分が当主だぁ~」
と宣言していましたが、金田一耕助が「遺言書を破棄したから欠格!」と
冷静にツッコミを入れるところは、読者のド胆をぬきました。

テーマ一覧に戻る↑↑

相続欠格と相続廃除の違い(B)

相続欠格と、相続廃除は似ているので勘違いされることの多い制度です。

どちらも当てはまる条件は異なりますが、相続資格を剥奪される点では変わりません。

もっとも異なるのは「手続き」と「取り消し」についてです。

手続きの差(B-1)

相続廃除は、家庭裁判所に廃除の申し立てをしなければなりません。

その一方で、相続欠格は当然に相続権を剥奪するものであり、手続きは不要です。

取り消し(B-2)

相続廃除は、被相続人が取り消す意思があれば、それを取り消すことは容易です。

しかし、家庭裁判所の審判または調停により、取り消しの申し立てをする必要があります。

一方で、相続欠格の取り消しについては、民法上の規定はありません。

最近の学説では、被相続人には財産処分の自由があることを理由に、
被相続人のあなたが許せば、欠格者の相続資格の回復を肯定する見解が有力のようです。

しかし、あなたが許していたとしてもその意思が確認できなければどうしようもありません。
そして、他の相続人が欠格者に対して相続を認める保証はどこにもありません。

もしも欠格者に対して財産を残したければ、遺言書を残すか生前贈与で対策しておきましょう

なお、相続廃除についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

テーマ一覧に戻る↑↑

相続欠格の手続き(C)

先程は、相続欠格に手続きは必要ないと説明しました。

しかし、実は実務上は正確でない説明になります。

なぜならば、仮に法定相続人の中に相続欠格者がいる場合は、相続欠格者自身が作成した
相続欠格に該当することを証明する書面(印鑑証明書付)」が必要になるからです。

しかし、相続欠格者が相続に固執する場合は、相続欠格者がすんなりと
証明証を発行することは考えいにくいです。

もしも、相続欠格者が「相続欠格に該当することを証明する書面(印鑑証明書付)」を
提出しない場合は、訴訟を起こす必要があります。

具体的には、「当該人物が相続欠格事由に該当することを確認する」ことを
求める訴訟を起こし、この勝訴判決を添付することになるでしょう。

テーマ一覧に戻る↑↑

相続欠格の代襲(D)

相続欠格という制度は、一身専属的であるという特徴があります。

つまり、欠格者の子は代襲相続が可能であるということです。

テーマ一覧に戻る↑↑

まとめ

相続に関する遺言書を、詐欺・強迫によって親に書かせる不届きな子供は欠格者と認定されます。

遺言書を残すかどうかは、あくまで被相続人である、あなたが決めることです。

しかし、一方で遺言書がないと残された相続人が困るのも事実です。

財産を相続させるにせよ、相続させないにせよ、早めの対策を心がけることが大切です。

Return Top